ホーム > リクルート > 就職先の美容室を選ぶ大事なポイント

美容師必見!就職先の美容室を選ぶ大事な5つのポイント






このページでは、現在、東京/relianに勤める坪田が解説します。

私のプロフィールページはこちらです。

夢を持って、輝く美容師を増やすために少しでも、美容学生・美容師さんの参考になればと書きました!

求人情報や採用情報をチェックする前に、どういう美容室で就職するか悩んでるあなたに!!

絶対に決めてる美容室で働きたいと決めてるあなたに!!

有益な求人情報や就職活動のお役に立てる内容をお届けしてます。


あくまで、参考までに!!

それでは、説明しますねー。

1 経営理念
2 ヘアスタイル作品をチェック
3 将来の夢
4 成長率をチェック
5 雇用条件(給与・雇用体系など)



1 経営理念



 絶対にチェックするべきポイントは経営理念です。

経営理念とは、会社の存在意義であり美容という仕事を通して社会に対してどのような存在になるのか!?
という部分です。

経営理念が軸となり、販売戦略・マーケティング・教育・福利厚生・事業展開などが決定されます。

経営理念に一貫性のがあるのか!?をチェックするべきです。

会社の中でもっともこだわっている部分が経営理念に全てが詰まっています。

販売戦略やマーケティングなどは、時代とともにどんどん変化しますが、経営理念は時代の変化があっても変わらない部分です。


2 ヘアスタイル作品 チェック




 やはりヘアスタイル作品に美容室のセンスがでてたり、美容室が提供しているサービスなどが雰囲気がわかる。

入社後に習う技術のこだわりなども何となくわかるのでは!?

注意点としては、嘘みたいな話だが、ヘアスタイル作品は現在販売されていたりする。

「ヘアスタイル 販売」で検索すると出てきます。

可愛い作品が多くて入社しても残念な結果にならないように、ヘアスタイルが実際にお店で撮影されたものなのか!?をチェックする必要があります。

美容室によっては、カメラも美容師が担当してる場合もあるし、カメラはプロが撮影してる場合もある。

カメラの撮影技術は東京など人口の多い都市では必須技術です。



3 将来の夢はどんな美容師になりたいの!?




美容師になる!っていう1つの夢が叶う一歩手前まできてるあなたは、もう一度、考えよう。

美容師になってもスタートラインです。とりあえずスタイリストに昇格して、その後は!?

どんな美容師になりたいの!?

有名な美容師?沢山のお客様に支持される美容師?独立も視野にいれるの!?カットのセミナー講師!?雑誌にバンバン出たいの?

なりたい理想のイメージになれそうな環境(美容室)を選ぶ事がおすすめです。


4 美容室・会社の成長率をチェック




シビアな話だが、お客様が多く来店して満足度が高ければ当然リピーターが増える。

リピーターが増えるということは、スタッフ採用を実施する。

スタッフが増えて、お客様が増えたら、必然的にお店のスペースが狭くなる。

新しく美容室を出店するまたは、拡張する。このような流れが通常だ。

退職率が高い、お客様がリピートしない。新規のお客様が少ない。お店を任せられる人が育たない。

など、どこかに問題がある場合、お店の店舗数も増えないしスタッフ数も増えない。

意図的に増やさないという会社も知っているが、滅多にない。

ほとんどの会社がどこかに問題点があるため、衰退、または現状維持のままが多い。

もし、美容師としての技術スキルや接客レベルをどんどん上げたいと考えている場合は、繁盛店で勤務することが、かなり大事だ。

繁盛店の1年勤めるのは、他の美容室で働く2年〜3年の価値があるといっても過言でない。

美容歴なんて、関係なくてどんな環境で、どんな取り組みをしてきたか!?が全てです。



5 雇用条件




正社員として働くのか業務委託として働くのか!?

業務委託とは、簡単に言うと個人事業主、お店を借りて自分自身が美容師として働く自営業だ。

当然、基本給とかはなく完全歩合が基本だ。正社員のように働きながら、業務委託として働くちょっと意味不明な会社もあるので注意が必要。

給与面でチェックする部分は、初任給も大事だが、スタイリストになった時に、どのぐらい給与がアップできるのか!?が1番大事です。

初任給は、お店によって違いはあるが、1万とか多くても2万位の差だ。2年間アシスタントしても、24万から54万の差です。

一見かなり違うように感じるかもしれないが、スタイリストになってからの給与の差額はもっと大きくなる。

今すぐの給与ばかりを見てるのか!?将来性をみるか!?今一度、冷静に考えるべきです。

初任給が高い=スタイリストの給与が高いということではない。

サロン見学の時に質問するのも良いと思います。

入社が確定してから正確なシステムを教えてもらえると思いますが、ある程度は把握できるはずです。

給与システムが全くない会社は、私個人の意見としては。。。。避けたほうがよいかと。。


まとめ



完璧にすべてが自分の条件にあってるとか、あれこれ要望が多いのも問題だ。

ただ、1番の経営理念は絶対に外す事が出来ないポイントです。

実際に、美容室に足を運んで沢山の美容室を見学することが大事です。

新卒の場合は、最初に勤める場所が大きく美容人生に影響します。

それでは、ハッピー美容師ライフを!