009山木 章太

2018年1月24日 水曜日

men's縮毛矯正特集

pic20180131171142_1.jpg

こんにちは!リリアン表参道エリア店長の山木です!

縮毛矯正って最近すごく増えてきました。

そもそも日本人の髪質ってクセ毛の方が多いいのも事実ですね。


昔だと男性の縮毛矯正ってまっすぐになりすぎたり、不自然な縮毛矯正になることが多くて悩んでいた方すごく多いと思います。

僕もそのうちの一人です。

本当に嫌で仕方なかったですね。
かけたてなんかは誰にも会えずにひたすらストレートアイロンでまっすぐになった髪の毛を丸めるのに必死でした。。。

そんな経験みなさんもありませんか??

今は大分進化して縮毛矯正に特化している美容室でかけたりするとかなり自然な仕上がりになることが多くなってきました。


やっぱりですね。。。



不自然より自然【ナチュラル】な縮毛矯正が一番かっこいいと思うんですよね。


一番は縮毛矯正してないかのようなストレートスタイルにするのが一番カッコイイですね。


そんなことは可能か??これがまたできるんですよ!!

今の技術ってレベルあがりましたね!!

中にはしっかり伸ばしてほしい方もいらっしゃると思いますが、しっかりも伸ばせます。

個人的には自然な縮毛矯正のほうがカッコイイと思います。

男性はやはり多少クセがあったほうがカッコイイと思うんですよね!!



そんな縮毛矯正を目指していきます!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 relian | 記事URL

2018年1月18日 木曜日

ハイトーンでも縮毛矯正!

pic20180131171038_1.jpg

こんにちは!リリアン表参道エリア店長の山木です!


ダメージヘアで縮毛矯正かけたい方必見!実際のお客様で解説していきます。

写真のビフォー、アフターを見ていただければわかりますが、なかなかのダメージ具合です。


中間から、毛先はカラーでダメージしていてハイトーンを繰り返し施術しています

まずはどうしてダメージがおきているのか?やはりハイトーンを繰り返しおこなっていると髪への負担が大きくかかります。

そしてもう一つ大きな問題が・・・

それはロングヘアーということ。


【うん?!】と思う方多いとおもいますが、ロングヘアーって毛先がどんどん傷んできてしまいます。

ロングの方で傷みとの戦いですね。


まずはどこの美容室行っても傷むから縮毛矯正はしないほうがいいと言われ探して僕のところに来たお客様。

いつもクセは気になるけどカラーで楽しみたい。ブリーチやハイトーンをしてきたいとのこと。

でも確かに縮毛矯正だけだとなかなかヘアスタイルの幅が少なくて面白みがありませんよね。


毛量が多くボリュームが気になってヘアスタイルがボワっとなってしまいます。

悩みに対してカウンセリングで細かく聞いていきます。まとめると

お客様のお悩み

毛量が多くボワっとなる

クセは気になるけどハイトーンもしたい

他店でお断りされている

自分でストレートアイロンでボリュームダウンしようとしても外に出ればボワっとなる。

みなさんも経験したことあるはずです!!

縮毛矯正じゃないと持続性がないですよね。

でもカラーでも楽しみたい!って方多いはずです。

そんなお悩みを解決していきます!

お悩みはなかなかつきませんね。

ダメージは気になるけど、縮毛矯正、カラーいろいろ叶えたいスタイル多いですよね。


縮毛矯正とカラーを両立させていきたいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 relian | 記事URL

2018年1月16日 火曜日

縮毛矯正men'sのビフォーアフター

pic20180131170522_1.jpg

pic20180131170522_2.jpg

こんにちは!リリアン表参道エリア店長山木です!


さて、今回は2ヶ月に1回の縮毛矯正をかけているメンズの短髪のお客様です。


2ブロックスタイルでかきあげスタイルが希望なので特に自然にかけないと前髪が下に落ちていきます。。


ワックスであげれるように縮毛矯正の強さを調節しなければなりません。

全てはスタイリストの技術にかかっていますね!



根元のクセがしっかりでてくるとスタイリングしても毛先が暴れてしまいなかなか上手くセットできないですよね。。



上手くセットしないとぐちゃぐちゃなスタイルになってきてしまうので、短髪の方は スタイル維持をするためにも定期的な縮毛矯正が必要です!!



大体2ヶ月に一回ペースでかけるのがベストですね。スタイル維持しやすいと思います!

特に根元のクセがきになるのでお薬塗る際は根元からギリギリまでお薬を塗っていきます。



根元まで塗る作業はテクニックが必要なので注意が必要ですね。


根元まで塗ろうとして頭皮にべったり付いてしまったりするとトップのふんわり感が無くなってしまうんです!


縮毛矯正かけた後のよくありがちなペタンとした感じになってしまうのでお薬塗る時は特にスタイリストの腕がかかっています。


あとは縮毛矯正のお薬はどのお薬も刺激が強かったりするので、お客様の頭皮についてしまうと染みたりする可能性も出てきてしまいますので気をつけて塗っていきます!

今回はナチュラルに伸ばしていきたいのでブラシを使って伸ばしていきます。



なるべくブラシのみで伸ばしていくと自然な縮毛矯正が実現できます。



ブラシのみの場合根元からしっかり熱を当て癖を伸ばしきらないと後からアイロンを使わなきゃ伸びなくなってしまったりするのでブラシでしっかり伸ばす場合はしっかり根元から熱を当てて伸ばします!


襟足の方も短めですがしっかりブラシを挟んでのばしますよ!

ブラシの作業がナチュラルに縮毛矯正をかける鍵ともなりますね!

熱の当て方、ブラシで挟んでのばしている時の力加減など全て考えながらドライヤーとブラシで伸ばしていきますっ!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 relian | 記事URL

2017年12月22日 金曜日

男性の縮毛矯正は前髪が命!!

pic20171229101855_1.jpg

こんにちは!relian表参道エリアの店長山木です!



男性の縮毛矯正って最近すごく増えてきました。そもそも日本人の髪質ってクセ毛の方が多いいのも事実ですね。


昔だと男性の縮毛矯正ってまっすぐになりすぎたり、不自然な縮毛矯正になることが多くて悩んでいた方すごく多いと思います。

僕もそのうちの一人です。

本当に嫌で仕方なかったですね。かけたてなんかは誰にも会えずにひたすらストレートアイロンでまっすぐになった髪の毛を丸めるのに必死でした。。。そんな経験みなさんもありませんか??

今は大分進化して縮毛矯正に特化している美容室でかけたりするとかなり自然な仕上がりになることが多くなってきました。

そして僕も縮毛矯正に特化した美容師の一人で縮毛矯正4000人以上かけてきた知識で男性でもカッコよく仕上がる縮毛矯正をポイントごとにご紹介していきます!!

ポイント
男性スタイリストに担当してもらうこと。

やっぱり男性同士のほうが《ここが気になる》などいろいろわかってくれやすいと思います。美容師全員ではないと思いますけどね。

同性だと伝えやすいこともあると思います。やはり男性スタッフのほうが男性のお客様から支持されているスタイリストが多いのも事実ですね。

売れっ子メンズスタイリストを選択したほうがいい結果につながりやすいです!

参考までに!

単純に売れてるスタイリストのほうがお客様の気持ちや技術が単純にうまいからです。

後は数もたくさんやっているので美容師の技術はたくさん施術したほうがうまいです。

ここからはどうオーダーしたらうまく縮毛矯正がかけられるのか?どう伝えるのが大切か?

大事ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 relian | 記事URL

2017年12月20日 水曜日

男性の縮毛矯正はナチュラルじゃないと変!?

pic20171229101738_1.jpg

やっぱりですね。。。


不自然より自然【ナチュラル】な縮毛矯正が一番かっこいいと思うんですよね。


一番は縮毛矯正してないかのようなストレートスタイルにするのが一番カッコイイですね。そんなことは可能か??


これがまたできるんですよ!!

今の技術ってレベルあがりましたね!!

中にはしっかり伸ばしてほしい方もいらっしゃると思いますが、しっかりも伸ばせます。

個人的には自然な縮毛矯正のほうがカッコイイと思います。男性はやはり多少クセがあったほうがカッコイイと思うんですよね!!

自然な縮毛矯正と似てしまうところがありますが根元がペタンコにならないように縮毛矯正かけるのも重要ですね。



根元がふんわりするようにかけると日々のスタイルが楽チンになりますね。どうやってかけていくのか??

お薬と伸ばすアイテムによって縮毛矯正の仕上がりが全然違います。


よーはかけ方によって全然違う仕上がりになってしまうということですね。



根元がふんわりしていればトップのボリューム感、縮毛矯正してないかのようなボリューム感を出せればよりカッコイイスタイルになりますね!

なかなかヘアスタイルはいいずらいかもしれないけどザックリでいいのでなりたいヘアスタイルは事前に伝えとくとベスト。

これもヘアスタイルによって縮毛矯正のかけ方やお薬が変わるから画像など携帯に保存して美容師に見せるのがベストだと思います。

後はカウンセリングでスタイルと相談しながら決めることができればスムーズかつ縮毛矯正でも失敗は少ないんじゃないかなと思います。

ヘアスタイルでのお悩みや、扱いにくい点をオーダーで伝える

これも些細なことでもいいし、もしそのお悩みが縮毛矯正と関係なくても今後のヘアスタイルや縮毛矯正の際に重要なヒントになるかもしれないのでなるべく伝えてくださいね。



結構皆様言いにくいみたいですね。これも美容師側のヒアリング能力によって随分差がでてしまいますが、
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 relian | 記事URL

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28