009山木 章太

2018年2月14日 水曜日

縮毛矯正とカラーは一緒に可能?

pic20180228112849_1.jpg

縮毛矯正とカラーは一緒に施術は可能なの?そもそも縮毛矯正しているとカラーができないと思っている方多いと思います。



僕自身も縮毛矯正している時に美容師さんに



【縮毛矯正ってすごく傷むから他のカラーとパーマはしないようにね!】と言われた記憶があります。ずっーとカラーをしてはいけないものだと思ってました。

ずーっとカラーは我慢していました。カラーしたかったんですけどね。。。。

普通美容師さんに言われたら信じこんでしまいますよね!?

美容師になってたくさん勉強したら。。。。



決してそんなことはありませんよ!!ダメージを最小限に縮毛矯正とカラーは一緒に出来ます!縮毛矯正しているからといってカラーができない訳ではありません!!



縮毛矯正に特化して5年。4000人以上縮毛矯正をかけてきた知識と経験で縮毛矯正とカラーについて詳しくご紹介していきますね!

縮毛矯正とカラーをやっていきたい方のお役に立てればと思います!!



基本的に薬剤を使うとダメージ0はありえません



まずはここを最初に説明したくて。。。。

縮毛矯正とカラーは施術しても大丈夫ですが、ダメージを0にすることはできません。



ダメージを最小限にすることはできます。ですが、薬剤を使っている以上0にはできないということだけまずは頭に入れといてください。

ただ。。。ダメージを最小限には施術出来ます。



トリートメントをして傷みを軽減させることは大切ですが、縮毛矯正のかけ方が重要になってくるしカラーの明るさや仕方によって傷みの出る度合いが全然違いますね。

縮毛矯正とカラーをする時にダメージを最小限にするには





まずは順番!!こことても大切です。順番は美容室や美容師によって全然違います。

基本的には縮毛矯正⇨カラーリング

が通常です。

手順としては

①縮毛矯正の固めるお薬の代わりにカラー剤を使う

これなもっとも王道なやり方です。基本的に縮毛矯正の2液の代わりに使うことが多いと思います。そのほうが時間も省けますし、ダメージを最小限にするポイントです。

②縮毛矯正前にリタッチ【根元のみ場合】

縮毛矯正前にカラーする場合もあります。根元のみのカラーの時にする場合があります。

健康な髪の毛に対して行う場合があります。先にカラーをすることで縮毛矯正のお薬の浸透が良くなるので先にカラーをする場合があります。

*ただしリタッ【根元のみ】のカラーの時のみになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 relian

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30