009山木 章太

2018年2月20日 火曜日

縮毛矯正してるお客様のドライヤーの仕方について

pic20180228113015_1.jpg

縮毛矯正のお客様のドライの仕方について詳しく書いてまとめてみました。

出かける前やお風呂上がりのドライヤーでストレス感じていませんか??

乾かしてもうまくいかない。。。

まとまらない。。。。

もう出かける前に上手くセット出来ないとテンション落ちますよね。。。

出かけるのも嫌になってしまいますね。

乾かし方で大きく変えられます。このドライヤーの使い方や乾かし方で日々の生活を楽にしていきましょう!!

縮毛矯正毛の乾かし方教えます!



縮毛矯正した髪は洗い方も大事ですが、乾かし方やブローの仕方も大切になります。やり方次第では縮毛矯正の持ちだったり髪の毛の状態も変わってきます。

普段お風呂から上がってからの髪の毛はどうしていますか・・?



乾かすのが面倒くさくて髪の毛濡れたまま長時間放置してしまったり、ある程度自然乾燥で乾いてからドライヤーで最後乾かしたりなんてことしていませんか??



濡れたまま長時間放置したりしていると縮毛矯正の持ちが悪くなったり縮毛矯正でナイーブになっている髪に負担となりダメージを進行させてしまうことがあります。



髪の毛が濡れたいる状態はキューティクルが開いていて無防備で傷みやすい状態になっていますのでタオルドライした後は時間を空けずにドライヤーでしっかり乾かす事が大切です。



タオルドライもむやみにゴシゴシしてしまいますとキューティクルが剥がれてしまい傷みの原因になりますので軽く水気をふき取る程度にしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 relian

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30