012横山 秀治

2016年10月30日 日曜日

トリートメントの実際のところ!

pic20161030095242_1.jpg

みなさんこんにちわ!
relian表参道 横山秀治です(^^)

今回は髪のケア方法についてのお話です☆
みなさんはトリートメントについてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

前までは美容室でトリートメントすればどんどん髪が復活すると思われていましたが、実際はそう言うものではないんです。
髪は元から死んでる細胞なので自分から何かを取り入れたり再生する力はありません。
ですのでいくらトリートメントを繰り返しても元の健康な状態になるってことはないのです。
ですので出来ることとすれば、いかに健康な髪を傷めないか、それと栄養となる成分を入れ続けるかなんです!

髪には栄養をいれて補修しても必ずキューティクルの間から流出してしまいます。
ですのでトリートメントの持ちがずっと続くというものはないんです!
そこで出来ることとしては、毎日流出してしまう栄養分を外から入れ続けるしかないんです!
relianのホームケアはこれが可能になっており、シャンプーで泡パックすることにより髪に栄養が入ります!シャンプー時に流出してしまう栄養をその後にすぐ補給する感じですね☆
これにより、今の状態をキープしやすくなりますよ♪
もちろん大前提髪を傷ませないということが第一なので、髪の施術もあまり無理な事はしないようにする事が大事です!
これを踏まえて一緒にツヤ髪をキープしていきましょー!

それでわ(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 relian | 記事URL

2016年10月30日 日曜日

ダブルカラーで透明感のある髪に☆

pic20161030095208_1.jpg

みなさんこんにちわ(^O^)
relian表参道 横山秀治です!

今回のブログはダブルカラー☆
ダブルカラーとは1度トーンアップするために明るくし、その後に暗い色を被せて透明感を出す技術です!
1番一般的なのが、ブリーチをして1度抜いてからのダブルカラーですね!
こうする事により元々の赤みを消せるので、赤みが強い人も透明感のあるカラーにする事ができます!
ただブリーチは負担が大きいですし、その後にパーマや縮毛矯正をするのが難しくなります。
髪が弱い人だと一度のブリーチでも縮毛矯正が出来なくなるって事も多いので注意が必要です。
縮毛矯正をしてる方や、仕事上金髪は困るなんて人にオススメなのがブリーチ無しでのダブルカラーです!
これはブリーチをしないで、カラー剤で1番明るい(relianでは14レベル)ものでトーンアップし、その後カラーを被せます!

これによりブリーチの透明感程はいかないですが、かなり透け感のあるカラーが楽しめます☆
赤みが強い人や、髪に透明感を出したい人はこちらの方法がオススメ♪

もちろんトーンアップするので髪に負担はかかるので、ケアも大事ですがこの方法でのダブルカラーならその後の縮毛矯正もする事が可能になります!

カラーの事ならなんでも相談してください☆
希望を叶えられるよう色々な提案をさせて頂きます(^^)

それでわー☆
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 relian | 記事URL

2016年10月30日 日曜日

シャンプー選びの注意点!

pic20161030095116_1.jpg

みなさんこんにちわ!

relian表参道横山秀治です!
今回はシャンプーについて解説していきます(^^)

世の中には美容室専売品から市販品まで数多く販売されています。
ノンシリコンやオーガニック、種類も様々で正直何がどう違うのかわからないって方多いと思います。
ここではその違いを簡単に書こうと思います。
今回はノンシリコンシャンプー。
美容室専売品だと基本的には殆どコレだと思います。洗浄力が優しいので、シリコン(コーティング)を入れなくても洗い上がりが滑らかです!
ただ、市販にあるノンシリコンはコレとは別です。従来の市販のシャンプーはコストを抑えるため強い洗浄成分を使っていて、そのギシギシ感を緩和するためにシリコンを入れていました。
その中で美容師がシリコンコーティングされてる髪はカラーが染まりづらい、頭皮にも悪影響などの弊害が出るため良くないと思いま発信しました。
それに伴い市販品でもノンシリコンが販売されたのです。ただ洗浄力が強くてシリコンが入っていないのでは負担もかかり髪も痛みます。
個人的には市販のシャンプーを使うならまだシリコン入りの方が良いのでは?と思います。
もちろん市販のものは髪や頭皮にかかる負担が大きいので、シャンプーは美容室で買う事を推奨しています!
シャンプーは美容室専売品を使って良い土台を作り、一緒に素敵なヘアスタイルを作っていきましょう!

それでわー☆
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 relian | 記事URL

2016年10月30日 日曜日

縮毛矯正でお悩み解消しましょう♪

pic20161030095032_1.jpg

みなさんこんにちわ(^O^)
relian表参道横山秀治です!

今日は縮毛矯正について書きます!
改めて縮毛矯正とはどんな施術で、どんな風に仕上がるのか?
もつかけてる人はわかってることも多いと思いますが、これからかけてみたいって方に解説させて頂きますね!

まず縮毛矯正は一液の作用で髪を柔らかくする事から始まります!
その後にアイロンで伸ばす(※relianではブラシでのブロー)でくせをとり、その後二液で固定していきます!
よくお客様に「ストレートパーマと縮毛矯正の違いは何ですか?」
と聞かれるんですが、ストレートパーマはこのアイロンやブローの行程が無いものです!
多少のボリュームダウンはしますが、天然パーマはとりきれず、かけたパーマを落とす物と考えてもらえるといいかと思います!

縮毛矯正はくせが強い人だけではなく、髪が広がってまとまらないって方にもオススメです!
お客様の中にはくせがあるのに強くないから自分がくせ毛だと言うことに気付いていない人も多く、ダメージで広がってたと思ってたものもくせだったなんてことも。
また、そういった髪の広がりやアホ毛などでパサついて見える方も縮毛矯正をする事で綺麗な髪のベースをつくることができます☆

今の髪の悩みが何が原因でおきているのか相談して頂けると適切な解決策をお伝えできると思いますので、髪に悩みがある方は是非お任せください(^^)

それでわ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 relian | 記事URL

2016年10月30日 日曜日

カラーをする時に考えてること☆

pic20161030094950_1.jpg

みなさんこんにちわ(^^)
relian表参道横山秀治です!

今回はカラーブログ☆

普段アッシュ系やグレー系カラーを作る際に自分が考えてることについてあらためて!

まずはカウンセリングからスタートしますが、この段階で初めてのお客様の場合今迄カラーをするとどうなりやすいのかお聞きします。赤みが出やすいのか抜けると黄色くなりやすいのか...etc

もちろんそれプラス自分でお客様の髪を見て赤みが出やすいかどうかも判断します!

その後やりたいカラーが寒色系など赤みが無いカラーにしたい場合は事前に把握した赤みの強さを考慮して選定していきます。

まずバージン毛(黒髪)の部分は赤みが出やすく、トーンアップする際にオレンジっぽくなりやすいのでここにはマットをベースに赤みを消すように作ります。
この際ガッツリグレーにしたい場合はマットにアクセントカラーで、ベージュよりにしたい場合は他のカラーも混ぜて作ります!

毛先に関してもトーンアップはオレンジさが出やすいので、ある程度のトーンダウンにしないとグレー感は出にくいです。
そして毛先も赤みが強い人は希望色にマットを多く配合し、黄色く抜けて赤みが残ってない髪には希望色プラスバイオレットで黄色味を消していきます!

もっと考えてる事はありますが、基本的にはこんな感じですね(^^)

赤みが強くてなかなか希望の色にならない方はご相談ください☆

それでわー(^O^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 relian | 記事URL

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30